3

sakajam diary

ONOMICHI country lifestyle…

異色3ピースBAND「BOUNCE BACK BOYS」

time 2018/06/23

ヤーマン!

今日はぼくがさせてもらっているバンドの紹介をさせてもらおうかなと思います!


BOUNCE BACK BOYS
Ryo-hey(Gt/Vo)
Hossy(Dr)
Makibaou(Rap)
2015年、尾道・福山エリアで様々な活動をしているメンバーが集まり、自然な形で活動スタート。身軽なストリートライブセットからフルバンドスタイル、RapperやDancerをゲストに交えながらのライブは、クラブからカフェなど演奏場所を選ばず会場をRock。
音旅を通じてできたご縁を大事に紡ぎ出した楽曲たちは地元レペゼン。暖かいメッセージと瀬戸内の香りのするサウンドで聴く人を包み込む。
2017年4月、1st EP『Hamon』リリース。
メンバーそれぞれが活動するフィールドは広がり、
広がる仲間たちの輪のなかで新たな音楽、物語が生まれていく…。

メンバー紹介

Ryo-hey(Gt&Vo)
3.11の東日本大震災以降福山に移住されてきた超絶ギターリスト&超絶ヴォーカリストRyo-heyさん。ぼくが出会った中でぴか一スキルフル&ハートフルなアーティスト。ギター&ヴォーカル担当。


HOSSY(Dr)
福山市で10年以上「矢印→」というバンドでブイブイいわせていて、現在は福山でcafe&bar「Sunny’s Rock」を経営し、芦田川沿いの河川敷で「Riverside Groove」という野外フェスを主催しているイケメンドラマーHOSSY。


Makibaou(Rap)
-Local Muzik &Coffee Lovers-「サカジャムベース」を地元広島尾道にてオープン。 昼夜問わずジャンルの壁を飛び越えLive,MCをこなすオノミチノラッパー。音好きパーティー野郎Makibaou。ラップ担当

ぼくはこのBBBで初めてバンドというスタイルを経験させてもらっているんですが、めちゃくちゃ勉強になることばかりで、ラップも楽器の一つという考え方になれたのも個人的には大きかったり、肩に力が入ったままよりリラックスして肩の力を抜いて仲間が奏でる音に集中することとか、、、あげだしたらきりがないほどで、今現在の音楽の基盤を作ってくれました。

そんな僕たちの初めてのアルバムがこちら↓↓↓
ゲストに強力なハーモニカニストお二人(TONY the WEED氏,HIROKING氏)や、BBBのサポートメンバー波田”nori”克啓、ぼくが所属している尾道のストリートcrew TAG DOCK crewからラッパー太心、Reggae Deejay Lu-LARに参加してもらったりと出会いの中での生きた音楽がパッケージされた一枚。

“Hamon〜波紋〜”

Release: 2017.4.22 / Code: BBBY-0003
Type: EP / Price: 1,500yen(tax in)

Track
1.瞬間Buena Vista
2.Give me a Beat Feat.All One Riddim Section,太心
3.あの夏の日 with 波田”nori”克啓
4.MAUI
5.懺悔ソング
6.Face to Face feat,Tony the Weed
7.Raiway with Lu-LAR&太心/feat.HIROKING

ボーダーレスバンド、Bounce Back Boysが満を持して放つ1st EP。
彼らのストーリーの中で出会った仲間たちをゲストに迎え、ライブで磨かれてきた音とメッセージを彩り豊かに真空パックした意欲作。
交わる線と色、波紋は広がり新たな物語が生まれていく…!

尾道・福山エリアの生でリアルな曲たちが詰まっていますので、気になった方はぜひよろしくお願いいたします!


BOUNCE BACK BOYSのアルバム購入、ダウンロードはコチラから

Makibaou

down

コメントする




プロフィール

Makibaou

Makibaou

-Local Muzik &Coffee Lovers-「サカジャムベース」を地元広島尾道にてオープン。 ジャンルの壁をヒョコヒョコっと飛び越えLive,MCをこなすオノミチノラッパー。Bounce Back Boysとしてバンドでも活動中

最近のコメント

    カテゴリー

    

    sponsored link